MVNO事業者

MVNOとは

MVNOとはMobile Virtual Network Operatorの略で、日本語では仮想移動体通信事業者と呼ばれています。

このMVNOは、大手携帯キャリアから電話やデータ通信などの無線通信インフラを借り受けて消費者にサービスを提供している事業者を指しています。

物理的に回線を自社で持たないことから名称に仮想の単語が入っており、別名では仮想移動体サービス事業者などとも呼ばれています。

仮想移動体通信事業者が登場したのは最近ではなく2001年と意外にも古く、かつてはパソコンのモバイル通信のためのサービスが多くありました。

現在では話題を集める格安スマホや格安SIMなども含めて提供するようになり、大手キャリアから乗り換えを検討する方も多くおります。

このMVNOで大きな特徴となるのは、自社では回線を持たずにNTT docomoやauなどの大手キャリアから通信インフラを借り受けている点が挙げられます。

これまで名前を聞いたことも無いような会社が手がける格安スマホの場合は、対応エリアや通信の質などで大丈夫なのか不安に感じることもありますが、回線自体は大手キャリアの設備をそのまま利用していますので対応エリアも広く質の面でも全く問題ありません。

通信に関しては3GとLTEの双方の通信網に対応していますので、電波は非常に安定していてデータ通信に適しています。

また料金の面でも既存の大手キャリアよりも安く設定されている特徴があります。

これはキャリアの通信設備を借り受けてサービスを提供しているためで、自社でアンテナなどを全国的に設置する訳ではなく設備に関わるコストが大幅に圧縮できたためで、その分だけ消費者にも恩恵があるのです。

なお現在MVNOに参入している会社は非常に数が多く、NTT docomo系ではOCN・IIJmio・BIGLOBE・ぷらら・DMM・BB.excite・楽天・パナソニックなどを始め数が多く、またau系ではmineoやUQ mobileなどが挙げられます。

格安スマホのランキングへ