格安SIMやSIMフリー端末

SIMフリー(シムフリー)とは

スマートフォンの通信費の圧縮を考えた時にSIMフリーも選択肢の一つとして語られる事が多くあります。

SIMとは携帯電話やスマートフォンに差し入れるカードで、内部には加入者を特定するためID番号が記録されているのですが、このカードのフリー化とはどのような仕組みになのでしょうか。

そもそもSIMカードはキャリアに加入すると端末とセットで付与されるもので、キャリアで購入し登録された端末で無ければカードを差し入れても通信できません。

これは鉄道を利用する際の非接触型ICカードSuicaに例えると分かりやすく、カードが無ければ改札を通れず鉄道を利用できない事と似ているのです。

こうした状態はロックされていると表現され、他の端末にカードを入れ替えても使えず、自身の契約した回線と端末を結びつける紐となるのです。

しかしMVNO(仮想移動体通信事業者)が登場してからは状況が一変します。

キャリアの回線をMVNOが借り受けサービスを提供するようになるとそれぞれで格安SIMを販売するようになり、ロックされていないSIMフリーの端末とカードが出回るようになったのです。

これにより大手キャリアの高額な料金体系を利用しないでも、MVNOを使えばキャリアの回線を使いながら格安の費用でスマホを利用できるようになったのです。

ただSIMフリーのスマホの料金を低く抑えられは家計は助かるのですが、キャリアからの乗り換えに際しては単に価格だけ見るのではなく、現状でご自身がどれくらいのデータ通信を行なっているかを把握しておくことが大切です。

というのもMVNOの格安サービスにもプランによってはデータ通信量に制限が付く場合もありますので、安さだけ追求すると通信制限を受けるなど使い勝手で問題が出てくることもあるのです。

格安サービスによっては使い放題の無制限プランもあれば5GBや10GBなどの制限が付く場合もありますので、ご自身の通信量に見合ったプランを選択すると良いでしょう。

SIMフリーと端末がセットの格安スマホ一覧