スマホの月額

スマホの月額が高くなる理由

携帯電話からスマートフォンに乗り換えた当初に感じるのは、利便性が高い一方で月額費用が高くなる点です。

携帯電話とスマホではプランが変わりますので、費用が大きく変わることは仕方が無い部分もあるのですが、ここまで高くなるのにはどのような理由があるのでしょうか。

月あたりの費用が高くなる理由として大きいのは、携帯電話とスマートフォンの使い方に違いがある点です。

携帯電話は以前よりネットにアクセスすることができましたが、携帯用サイトなどは非常に簡素な造りでデータ通信量も少なく、加えて当時は現在のようにアプリを自由にインストールできる訳ではありませんでした。

しかしスマートフォンが多く使われる現在では通話よりもむしろネット接続やアプリを使う方がメインである場合も多く、データ通信量は劇的に増大したのです。

実際に現在のスマホの料金体系は平均月額費用がおよそ6000〜7000円程とされていますが、そのうちおよそ5000円ほどはパケット定額料として使われているのです。

料金総額のおよそ2/3がデータ通信費と聞くと納得しがたいのですが、最近では通話アプリを使用するなど電話自体もデータ通信で代替えする事もあります。

このようにスマートフォンを使う中ではデータ通信量の増大はますます進む一方であり、スマホの月額費用が高くなる理由と大きく関係しているのです。

ただこの月額費用に関しては格安スマホや格安SIMを利用した場合には劇的に下げる事が可能です。

以前より格安サービスに参入する会社は非常に多いので選択肢は幅広く、中には月に1000円を切るなど安さが売りの会社もあるのです。

こうした格安サービスは既存の携帯キャリアの回線を借り受けて提供しており、全国津々浦々に張り巡らされた回線を整備したり保守する必要が無いため、その分だけ費用を安くする事ができるのです。

もちろん回線の品質面でも大手キャリアとは全く同様になりますので、使用する上で問題はありません。

月額が安い格安スマホはこちら